活動ニュース

【25周年企画】KnKと私(3) -広報・ファンドレイジング/支援者対応 村松 知恵子-

国境なき子どもたち設立25周年を記念して、関係者のインタビューを連載します。

KnKと私(3) -広報・ファンドレイジング/支援者対応 村松 知恵子-

支援者の皆さまと直接やり取りさせていただく際に、誠実、迅速、丁寧を心掛けています。

– 前職とKnK入職のきっかけ、理由を教えてください。

国内メーカーで商品企画マーケティング/海外渉外、宣伝、法務など約22年勤務した後、2011年に国境なき子どもたち(KnK)に入職しました。学生時代に、恩師の一人が某団体でマンスリーサポーターをしている話を聞くなどしてこの分野に関心を持ち、国際色が強い職場を希望していたこと、業務のひとつであるニュースレター編集が前職の経験を生かせると思い、応募し採用されました。

.

– 通常、どのような業務を行っていますか?

現在はニュースレター編集を引き継ぎ、主に支援者対応、ファンドレイジングを担当しています。皆さまからのお問い合わせ対応やデータベースへの入力管理、マンスリーサポートの受付とお引き落とし作業、銀行振込とクレジットカード決済での随時ご寄付の受付対応、ご寄付の受領書の発行などです。遺贈ご寄付の窓口、広報物の作成や校正、一部の企業担当なども担っています。

ファッションチャリティイベント会場にて(2011)

– 業務をする上で大切にしていることは何ですか?

支援者の皆さまと直接やり取りさせていただく際に、誠実、迅速、丁寧を心掛けています。また、皆さまの大切な個人情報を日々取り扱うため、緊張感を持って、正確さとマニュアルに基づいた厳重な管理・保護を行っています。

.

– これまで最も困難だったエピソードを教えてください。

2012年にパキスタンのハイバル・パクトゥーンハー州に山岳部の学校再建地の視察に行った際、舗装されておらず4WDでないと走れないほどの山道を車で登りました。1車両が通るのがやっとでガードレールもなく、ハンドル操作を少し誤れば谷底へ落ちて命がないであろう悪路で、「こんな高所に人が住んでいるのか」と思いましたが、その上にも土で造られた住まいと崩れた学校があり、近所の子どもたちが裸足で集まってきました。日本では考えられない急峻な崖道を、サリー姿の女性が子どもと荷物を抱えて登る様子も見ました。彼女たちにとっては日常の通路のようでした。学校再建と教育の意義、人間の強さたくましさを再確認しました。

パキスタン山岳地域で出会った子どもたち(2012)

事務局業務では、データベース・システムの入れ替えやカード決済システムの変更が重要かつ難しく、チャレンジングです。コロナ禍で在宅勤務が始まり、慣れないシステムの中で膨大な作業を行い、苦労したこともありました。また、幾つかご支援者さまのご希望に添えなかったことも残念な思い出です。

.

– これまで最も嬉しかったエピソードを教えてください。

先に書きました2012年のパキスタンにて、山間部のある学校で子どもたちにペンを届け、手渡すことができたのですが、どの子どもたちもうれしそうな笑顔を見せてくれたこと、また2019年にカンボジアはバッタンバンの「若者の家」でクリスマス・コンサートを開催しましたが、バイオリンなどを実際に弾かせてもらった子どもたちが目を輝かせ喜ぶ姿に感動しました。

パキスタン山岳地域で子どもたちにペンを配布(2012)

事務局業務では、ご寄付くださった方やマンスリーサポートをお申し込みくださった方から、「自分の励みにもなっています」「少しずつでも参加したいと思いました」「ささやかですが、いつも家族で応援しています」というようなメッセージをいただけることがうれしく、大変心強く感じています。

.

– 休みの日(OR仕事をしていない時)は何をして過ごしていますか?

読書や音楽・映画・美術鑑賞、家族や友人との時間、習い事や旅行を楽しんでいます。事務局では庭に来る地域猫を観察しています。

.

– 今後、KnKの活動を通じてご自身が取り組みたいことを教えてください。

KnKのビジョンにあるように、教育の機会が世界の子どもたちに平等にいきわたることを目指して、皆さまと共に、担務を通じてできる範囲で少しずつでも貢献していければと思います。

.

– KnKが各地の苦境にある子どもたちと共にあるためには、新たな仲間が必要です。彼らに向けたメッセージをお願いします。

お忙しい中、ご関心をお寄せくださり、最後までお読みくださいましてありがとうございました。

まずは知ることから、資料やウェブサイト、メルマガ、SNSをぜひご覧ください。何か行動に移したくなられたら、イベントへの参加やボランティアはいかがでしょうか。そして、マンスリーサポーターや支援会員としてお力添えいただけますと幸いです。KnKはとてもアットホームな団体です。いつでも皆さまのご参加をお待ちしています。

岩手県釜石市のコミュニティセンター開所式にて(2012)

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
広報・ファンドレイジング/支援者対応
村松 知恵子

新たなマンスリーサポーター25名を募集

これからも教育機会を提供することで、各地の子どもたちが主体的に生き、自己決定ができる人生を歩めますよう、25周年を記念して新たなマンスリーサポーターを25名募集します。
(募集期間:2022/9/1~12/31)

タグ : , ,

寄付する
寄付する
資料請求

カテゴリー

月別アーカイブ