お問合せ

よくある質問

よくある質問と答え(FAQ)

国境なき子どもたち(KnK)について

いつから活動しているのですか?
1997年に日本のNGOとして設立されました。 詳しい沿革はこちら
国境なき子どもたちの活動目的は何ですか?
KnKは、海外での援助活動と平行して日本の人々に世界の子どもの現状に関する学習の機会を提供することで、日本と諸外国の子どもたちが「共に成長していく」ことを目指しています。  
どこで活動しているのですか?
2016年6月現在、日本を含む9つの国と地域で活動を展開しています。

【日本、カンボジア、フィリピン、パキスタン、ヨルダン(シリア難民支援を含む)、バングラデシュ、ミャンマー、パレスチナ、イラク】

活動地を選ぶ基準は何ですか?
KnKの支援対象となる子どもたちが存在し、KnKの支援が必要とされる地域で、かつKnKの理念に添った活動が展開できるところを活動地として選びます。

【KnKの支援対象者】
ストリートチルドレン/人身売買の被害に遭った青少年/法に抵触した青少年/貧困家庭に生まれ育った青少年/労働に従事させられている青少年/虐待の被害に遭っている青少年/大規模な自然災害の被害に遭った青少年/.騒乱・紛争の被害に遭った青少年

国内ではどんな活動をしていますか?
日本国内では、友情のレポーターをKnKの活動地に派遣する他、主に小中高校生を対象とした友情の5円玉キャンペーンを毎年2回実施しています。また、写真展を頻繁に開催するほか、DVD映像などを通じた国際理解促進に力を入れています。

寄付について

寄付はどのようにできますか?
ご都合にあわせてご寄付の種類をお選びいただけます。 詳しくはこちら
たとえば5,000円の寄付でどんなことができますか?
1人の子どもが5ヵ月間、学校に通い知識を身につけることができます 。国境なき子どもたちを通じた恵まれない青少年への教育支援に、ぜひご協力ください。 寄付する
支援会員になるとどんな特典がありますか?
ご支援会員の方々に向けては従来のニュースレターに加え、各種イベントの優先的なご案内と年次報告書をご送付いたします。また、活動報告会を始め、イベントを開催した際は、会場にて皆さまのご意見を承る機会を持ちたいと考えております。 支援会員に申し込む
寄付は税金控除の対象になりますか?
はい。KnKは2010年1月16日より認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)として認定される旨、国税庁より通知を受けました。これにより、2010年(平成22年)1月16日以降にお受けするご寄付に関しましては、支援者の皆さまが税制上の寄付金控除を受けられることとなりました。 詳しくはこちら
「毎日の力!50円マンスリーサポート」に参加しています。振替方法や金額、クレジットカード情報等を変更できますか?
ご変更は随時承ります。

クレジットカードをご利用の方:
「つづける寄付」の「寄付お申し込みフォーム」に新しい内容でご記入の上、メッセージ欄に「マンスリーサポート変更(クレジットカード変更)」などとお書き添えください。 受付後にご連絡の上、確認書をお送りいたします。

ゆうちょ銀行(郵便局)または民間金融機関(銀行など)をご利用の方:
「つづける寄付」の「寄付お申し込みフォーム」に新しい内容でご記入の上、完了ページよりお申込用紙をダウンロードし、ご記入、ご捺印後に国境なき子どもたちへご送付ください。 お手数ですが、封筒と切手はご用意ください。受付後に確認書をお送りいたします。
ご送付先: 〒 161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22
国境なき子どもたち(KnK)東京事務局 サポーター窓口宛

ご不明な場合、またお申込用紙のダウンロードが難しい場合、ご解約の場合は「お問合せ」、お電話(サポーター窓口 03-6279-1128、平日10:00-18:00)またはFAX(03-6279-1127)でお知らせください。

寄付の領収証(受領書)はいつもらえますか?
「いま寄付」(1回ごと、随時のご寄付):
通常1ヵ月ほどでお送りいたします。寄付の受領日は弊団体への入金日とさせていただきます。クレジットカードの場合は入金日まで1~2ヵ月ほどの日数がかかりますので、受領書の発送は2ヵ月ほど後となります。

「つづける寄付」(毎日の力!50円マンスリーサポート):
毎年2月第1週までに、前年分(1月1日から12月31日までに弊団体へ入金したご寄付)をまとめてお送りいたします。

寄付の領収証(受領書)は再発行できますか?
「お問合せ」、お電話(サポーター窓口 03-6279-1128、平日10:00-18:00)またはFAX(03-6279-1127)でお知らせください。ご寄付内容と再発行理由を確認のうえ、再発行印を押した受領書を発行いたします。後日、お手元で元の受領書が見つかった場合にはご返送をお願いいたします。

再発行には時間が掛かる場合がございますので、紛失されないように確定申告の時期まで大切に保管してください。

ニュースレターなどの送付先(氏名、住所など)を変更できますか?
ウェブサイトの「お問合せ」、電話(サポーター窓口 03-6279-1128、平日10:00-18:00)またはFAX(03-6279-1127)でお知らせください。
法人として参加することはできますか?
年間を通じてKnKの活動をご支援くださる方法のひとつとして法人会員があります。その他さまざまなご参加方法もご紹介しています。 詳しくはこちら

寄付以外の支援について

活動に参加することはできますか?
英語でのコミュニケーションが可能で、体力に自信のある方は海外派遣員として現地で、国内での参加をご希望の方にはSNSのフォローイベントボランティアへのご登録をお薦めいたします。
地方に住んでいますが、活動に協力することはできますか?
自分たちの手で活動紹介パネルの展示会やビデオの上映会を企画してみませんか? 詳しくはこちら
「毎日の力!50円」マンスリーサポート(継続支援)支援会員へのご登録を通じてKnKの活動にご参加いただくのも大歓迎です。
洋服や食料を寄贈することはできますか?
食料は受けかねますが、洋服や学用品、文房具などの寄贈は海外までの送料もあわせてお願いしております。

その際は、お送りいただく物資の数量や内容を事前に確認させていただいた上で、送付先(国または地域)を決定し、送付先をお知らせいたします。  物資寄贈に関する参考資料を印刷

また、誠に恐縮ですが発送手続きは各自で行っていただきますようお願い申し上げます。

現地の子どもたちに会いに行くことはできますか?
ご関心のある方は、訪問希望国、時期などをご明記の上、フォームからお問合せください
支援している子どもたちに直接コンタクトを取ることはできますか?
現地の子どもたちへのお手紙は歓迎しておりますので、ご希望の方は送付希望国をご明記の上、KnK東京事務局までお送りください。(現地からのお返事はお約束できませんので、予めご了承ください。)

広報・啓発活動について

実際に事務局でお話を聞くことはできますか?
はい、できます。KnK事務所訪問申込フォームにご記入の上、ご送信ください。または事務局訪問依頼書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお送りください。 詳しくはこちら
授業に使えるビデオ(DVD)はありますか?
はい、あります。KnKは活動内容を紹介するビデオ作品を毎年制作しています。現地の子どもたちのおかれた現状やKnKの理念を通して人間の尊厳の大切さやボランティア精神とは何かを考え、国際理解を深めていただければと思います。その他、販売も行っております。 詳しくはこちら
授業に使える写真パネルはありますか?
はい、無料貸出を行っております。 詳しくはこちら
講師を派遣してもらうことはできますか?
はい、できます。KnK講師派遣申込フォームにご記入の上、ご送信ください。または講師派遣依頼書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお送りください。 詳しくはこちら
今までメディア等で紹介されたことはありますか?
KnKはアジアの恵まれない青少年の現状に関する日本の人々の理解を促進するため、新聞や雑誌、テレビを通じた情報発信や啓発活動にも力を入れております。 詳しくはこちら
私にできることはありますか?
もちろんです!まずはこのホームページをじっくり読んでみてください。KnKメールマガジンにもぜひご登録ください。次はKnKの活動をご家族やご友人にご紹介ください。フェイスブックアカウントをお持ちでしたら「いいね」をして情報の拡散にご協力ください。あなたのお財布の中にもし5円玉があれば、少しずつ空き瓶などに貯めていってください。
もっと余裕があれば、ぜひ「毎日の力!50円」マンスリーサポーターとなってKnKを応援してください。
寄付する
寄付する
資料請求