活動ニュース

【寄付募集中】BABAGANOUJ PROJECT 2019

国境なき子どもたち(KnK)は、ミュージシャンのSUGIZO氏を中心に結成された「ババガヌージュ」の活動に賛同し、「BABAGANOUJ PROJECT 2019」に協力いたします。SUGIZO氏たちと共に、ヨルダン、ザアタリ難民キャンプのシリアの子どもたちに「音楽」を届けましょう!

BABAGANOUJ PROJECTとは?

SUGIZO氏を中心に結成された「ババガヌージュ」が、これまでヨルダンやパレスチナで行ってきた音楽による文化交流プロジェクトです。

今年は、2019年9月29日から10月上旬にかけて、イラクとヨルダン(ザアタリ難民キャンプ)でライヴを開催する予定です。

公式サイトはこちら

 

ご寄付のお願い

現在、公式サイトにて、当プロジェクトの実施に向けたご寄付(400万円)を募っております。
ザアタリ難民キャンプの子どもたちを「音楽」で笑顔に!皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

皆さまからお寄せいただいたご寄付は、「ババガヌージュ」「SUGIZO COSMIC DANCE QUALTET」による中東音楽交流事業に関わる活動費(関係者渡航費、滞在費、物資運搬費、現地機材調達費、現地コーディネーター費、車両費など)として活用させていただきます。

◆BABAGANOUJ(ババガヌージュ)/メンバー紹介

SUGIZO(Vio.)
作曲家。ギタリスト。ヴァイオリニスト。音楽プロデューサー。音楽と平行しながら難民支援活動などを積極的に展開。現在、日本を代表するロックバンドLUNA SEA、X JAPANのメンバーとして世界規模で活動中。

斉藤亮平(Key.)
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)海外事業担当。国立音楽大学卒業後、青年海外協力隊・音楽隊員としてシリアへ派遣。音楽教員(ブータン)、音楽出版社、シリア難民支援活動を経て現職に。

佐藤慧(Gt.)
Dialogue for People所属フォトジャーナリスト。世界を変えるのはシステムではなく人間の精神的な成長であると信じ、紛争、貧困の問題、人間の思想とその可能性を追う。著書に『しあわせの牛乳』(ポプラ社)など。

寄付する
寄付する
資料請求

カテゴリー

月別アーカイブ