特集:バングラデシュのストリートチルドレンを救え

特集:バングラデシュのストリートチルドレンを救え

2011.12.01

「ほほえみドロップインセンター」をダッカに開設

アジアの子どもたちに笑顔を!生きることへの希望を!という呼びかけの元、昨年6月よりスタートした「ほほえみプロジェクト」(主催:DATV)からの支援金で、今年9月、バングラデシュの首都ダッカにストリートチルドレンやワーキングチルドレンを対象とした「ほほえみドロップインセンター」が開設しました。

ほほえみドロップインセンター

ほほえみドロップインセンター

今回は、その活動内容やセンターを利用する子どもたちの暮らしぶりについてご紹介します。

 

ダッカにおけるストリートチルドレンの現状

国連の調査によれば、現在、首都ダッカには、親元を離れ、路上で生活するストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちがおよそ30万人いると言われています。子どもたちがダッカのような大都市に集まってくる理由は、彼らの生まれ育った村に比べ仕事が見つけ易いという点が上げられます。
例えば、 私たちのセンターは、ダッカの玄関口と言われるショドル・ガット(大きな船着き場)の対岸に位置していますが、 さまざまな理由で村を離れた子どもたちが毎日この船着き場に辿り着きます。ここは、人の往来が激しく、また、周辺には、地元の人や船の乗客相手に衣服や食料品、雑貨を売るお店がひしめきあっており、子どもでも仕事を得るチャンスがあるのです。

子どもたちが家を離れる理由はさまざまですが、一番よく聞くのが、家庭の経済的危機です。次に多いのが、親または親子間の問題、例えば、親からの虐待、親の再婚、親の死、親とのけんか、親からの仕事の強要がきっかけとなり家を飛び出してきたケースです。また、親との間に問題はないのですが、家庭の貧困状況を案じ自分の意思でダッカに稼ぎに来た子ども、大都市であるダッカを一度見てみたくて、自分の意に反しバスに乗って眠ってしまい気付いたらダッカに辿り着き帰るお金がなくダッカに居着いてしまった子どももいます。その他、自然災害などの外的要因も一つの原因として上げられます。

001 002

新聞を売りストリートで生きる彼ら、当然ながらその生活には、さまざまな危険が伴います。例えば、夜寝ている間に稼いだお金を盗まれる、警官にぶたれる、マフィアからの搾取、給料の未払いや不当な賃金での労働、などが上げられます。また、彼らの仕事、新聞やポップコーン売りの仕事は、車やリキシャ(三輪の人力車)、バスなどの交通量の多い路上で行われるため、危険です。

また、子どもたちの多くは、裸足で生活しているため、足裏の傷が絶えません。センターを利用する子どもたちによく見られる身体的症状としては、仕事や路上、けんかでできた擦り傷、切り傷、打撲。また、栄養不足や不衛生な路上での生活が原因による皮膚病などが上げられます。その他、センターの子どもたちの中には、空腹や傷の痛み、孤独などの気持ちから逃れるため、ドラッグを使用している例が少なくありません。

 

安らげる場を必要とする子どもたち

ここ「ほほえみドロップインセンター」は、朝の9時から夕方の5時まで上記のような子どもたちに対し、基礎教育、レクリエーション活動、昼食、カウンセリング、メディカルサポート、啓発活動などを提供しています。その他、センター施設内には、シャワー施設設備、私物を保管できるロッカー、キッチンスペースが備わっています。現在センターには6~16歳の年齢の子どもたちが一日延べ、40~45人訪れています。残念ながら少女の来訪はほとんどありません。というのも、このエリアは、船着き場が近くにあるため、少女の親がセンター来訪を警戒しているのが原因です。また、少女の場合、ストリートで保護者と生活をしている場合が多いのですが、その場合、移動性が高く、一つの場所に留まってはいないため、センターに常時足を運ばせるのが難しいのが