子ども参加

募集要項をみる

あなたの目で見てきてください あなたの言葉で伝えてください

募集は、春休みか夏休みの約3ヵ月前からスタートします。

第30回 友情のレポーター(2015) 募集開始!

<募集期間:2014年12月1日(月)から2015年1月19日(月)必着>
2015年春休み期間にフィリピンで、現地の子どもたちを取材、
「自然災害」をテーマに交流を行うレポーターを募集しています!(参加費無料)

取材について

2015年春休みの「友情のレポーター」(2名予定)は、KnKの海外活動国のひとつであるフィリピンにて、2013年11月に発生した台風ハイエン被災地(サマール島)の子どもたちを訪ね、取材を行います。日本とフィリピンに共通する「自然災害」をテーマに、子ども同士での交流も行う予定です。
帰国後は、日本国内で広報活動に参加してもらいます。フィリピンでの経験や学びを、さまざまな方法で人々に「伝える」活動に参加してみたい方、ぜひ応募をお待ちしています。
取材には「国境なき子どもたち」のスタッフが全行程に同行します。派遣先は「安定した情勢にあり、困難なく現地に入れること」という条件を満たす地域に限定しています。

<日程> 2015年3月後半から4月前半の10日間程度の日程を予定
<費用> 渡航費を含む、取材にかかる費用はKnK負担 (パスポート取得費のみ参加者負担)
※ 現地の情勢によっては出発直前でも行き先・日程変更や延期となることもあります。

応募の決まり

募集対象 日本在住の11歳から16歳までの方。
【締切日の2015年1月19日(月)の時点で該当年令の方】
帰国後に最低1年間、日本国内での広報活動に積極的に参加できる方。
募集人数 2名(予定)※東北支援枠を含みます
応募方法 締切日までに次の2つのものを郵便または宅配便でお送りください。ファックス、電子メールでの応募受付はできません。また、応募書類の返却はできませんのであらかじめご了承ください。

【1】所定の応募用紙

本人の顔写真を貼付(一人で写っているものに限ります)。
1名につき1枚の用紙を使用し、必ず応募者本人の手書きで記入してください。なぜ他の人ではなく、自分こそが友情のレポーターにふさわしいかその理由をアピールしてください。他にも自己PRの参考資料があれば添付しても構いません(ただし、返却はできません)。

【2】課題テーマ:「復興に向けて、理想の国づくり!」

詳しくはこちらをご覧ください。レポート、図工作品など、様式・枚数は自由。1名1作品、未発表のものに限ります。必ず文章は手書き、作品は自作のものを提出してください。
応 募 先 〒161-0033東京都新宿区下落合4-3-22
国境なき子どもたち 友情のレポーター係
TEL:03-6279-1126
※ 応募者の個人情報については、国境なき子どもたちが責任を持って保管し、本事業の的確な実施(連絡、運営、後日の問合せ対応など)や実施後の活動報告、団体からのお知らせにのみ利用させていただきます。
応募締切

2015年1月19日(月)必着

結果発表 1月31日(土)までに応募者全員に郵便で連絡します。
(事務局への結果のお問合せはご遠慮ください。)
日程予定 3月後半から4月前半の10日間程度
派遣予定国 フィリピン・サマール島

【2】課題テーマ:「復興に向けて、理想の国づくり!」

2015年春休み友情のレポーターは、フィリピン・サマール島(2013年11月観測史上最大規模の台風ハイエン被災地)を訪問し、KnKが運営するユースセンターに通う子どもたちを取材する予定です。
言葉も通じず、育ってきた家庭環境や生活状況も皆さんとまったく異なる子どもたちと交流し、互いに理解し合い、取材するには、活発な行動力と想像力が必要となります。世界中の誰とでも心を一つにすることができるという自信のある方、ぜひご応募ください。

課題テーマ:復興に向けて、理想の国づくり!

ここは、世界のどこかにある、子どもだけの国。小さな国ながら、みんなが協力し合い、助け合いながら生活しています。あなたは、そんな子どもの国の大統領に選ばれました!
ある日、子どもの国を超大型の台風が襲いました。強風により家は吹き飛び、高潮により道路や学校は壊れ、国は壊滅状態となりました。高台に避難した人々は、震えながら台風が過ぎ去るのを待ちました。

次の日、台風が過ぎ去った後は、美しい青空が広がっていました。しかし、風景はまったく様変わりし、家を失った人々が涙を流し悲しんでいました。
あなたには、被災した人々や町並みを前に心を痛めながらも、大統領としてこの国を再建に導く責任があります。「こんな状況だけど、前に向かって一歩踏みださなければ!」と決意し、今まで以上によい国となるよう、そして新たな災害が防げるよう、「理想の国」に向けた復興計画を考えることにしました・・・。

さて、大統領である「あなた」は、今後どのように復興を進めていくか、子どもの国の物語の続きを想像してみてください。
あなたが今すべきことは何か、被災した国や人々にとっての「復興」とは何か、新たな災害を防ぐために必要なことは何か、「理想の国」とはどんな国か、など考えてみてください。
そして、被災した子どもたちが生きていくために必要なものは何なのか、あなた自身の考えを述べてください。

(レポート、図工作品など様式・枚数は自由)

想像力にあふれる応募作品を、お待ちしています!

※当事業は国際交流基金アジアセンターから助成を受けて実施します。
Logo_type_2
寄付する
寄付する
資料請求