活動ニュース

将来の夢は…?/サマーアクティビティの現場より

報告:KnKヨルダン 藤村 武蔵

8月23日もザアタリ難民キャンプではKnKサマーアクティビティが行われました。
この日のバハレーン校は、サマーキャンプの最後の日に行われる保護者を呼んでのパフォーマンスデーの準備で大忙しです!
女の子は展示物の作成、男の子は歌やダンスの練習を行いました。

今日はその中でも、女の子たちが作成した将来の夢の本の内容を、皆さまに一足先にお伝えいたします。

女の子たちの将来の夢が詰まった本の表紙です。30x40cmくらいの大きさで、みんなで一生懸命デコレーションしました。

思い思いの将来の夢を子どもたち一人ひとり一生懸命伝えてくれています。文字で表現する子もいれば、絵だけだったり、画用紙を切り抜いたり、シールを貼ったりとそれぞれに工夫して将来の夢を伝えてくれています。

少しズームアップして何が書かれているのかみてみましょう。

この子の将来の夢は、先生になることだそうです。先生になって、子どもたちに読み書きを教えてあげたいという思いを表現してくれました。

この子の将来の夢は、画家になって故郷シリアの美しい風景や友だちを絵に描くことだそうです。

この子は将来、心理カウンセラーになって心に傷を負っている子どもたちの手助けをしたいという思いを持っているようです。

この本の作成を通して、子どもたちが明確に将来の夢を持っていることがわかりました。KnKとして、これからも子どもたちの夢を少しでも応援できるような事業を実施していきたいという思いを強くした1日でした。

※ザアタリ難民キャンプにおける夏休みの課外授業は、クラウドファンディングにお寄せいただいた皆さまからのご寄付で実現しました。深く感謝申し上げます。

関連記事:子どもたちの笑いと学びに満ちた時間:バハレーン校でのサマーアクティビティ
関連記事:ザアタリ難民キャンプ、サマーアクティビティ2週目
関連記事:ザアタリ難民キャンプ 夏期アクティビティが始まりました
関連記事:ザアタリ難民キャンプ【バハレーン校】シャザさん(9年生)からのメッセージ
関連記事:280人の子どもたちが夏の課外授業を心待ちにしています

【ヨルダン(シリア難民支援)活動概要】

 

 

寄付する
寄付する
資料請求

カテゴリー

月別アーカイブ