活動ニュース

KnK写真展2017「Victims ―フィリピンのストリートチルドレン―」|撮影 吉田 亮人

国境なき子どもたち(KnK)は、海外の恵まれない青少年の現状を日本の人々に伝えるために、毎年写真展を開催しています。
【会場ボランティア募集中!末尾の要項をご覧ください】

今年は、昨年就任したドゥテルテ大統領の政権下、変化するフィリピン、その底辺で取り残される子どもたちの「今」を伝える写真展を、2017年9月14日(木)から20日(水)まで、東京・新宿御苑近くのアイデムフォトギャラリー「シリウス」において開催します。

今回、撮影を依頼した吉田亮人さんは元小学校教師です。2010年より本格的に写真家として活動を開始された吉田さんの視点を通じて、フィリピンのストリートチルドレンや彼らを取り巻く現状を、モノクロ写真(約70点)でお伝えします。

会期中の9月16日(土)には、アナウンサーの渡辺真理さんを司会にお迎えし、吉田さんのギャラリートーク(※有料)を行います。
皆さまと共に、フィリピンに対する理解を深める機会となれば幸いです。
ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。

国境なき子どもたち写真展2017
「Victims ―フィリピンのストリートチルドレン―」 撮影 吉田 亮人

  • 日時:2017年9月14日(木)~20日(水) 10時~18時
    ※最終日15時まで  9月17日(日)は休館
  • 会場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」 東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車、徒歩2分
  • 料金:入場無料 ※9月16日(土)ギャラリートークのみ参加費500円
  • 主催:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
  • 協賛:株式会社 小学館、株式会社 堀内カラー
  • 協力:G.I.P.Tokyo
  • 助成:新宿区協働推進基金・NPO活動資金助成

吉田 亮人さんによるギャラリートーク (司会:アナウンサー 渡辺 真理さん)
9月16日(土)14時~15時半 【参加費:500円】

※要申込 (定員80名、申込先着順とさせていただきます)
※参加費500円は、当日受付にてお支払ください

【ギャラリートーク申込方法】
件名を「KnK写真展ギャラリートーク参加希望」として、①お名前 ②参加人数 ③ご所属 ④携帯電話(当日のご連絡先)
をEメールにお書添えの上、9月14日(木)必着でkodomo@knk.or.jpまでお申し込みください。

写真展に寄せて

「吉田さん、フィリピンの子どもたちを撮影してきてくれませんか」

ある日、KnKのスタッフから連絡を受けた。今、激動の時を迎えているフィリピン。その社会の歪みの中で生きる子どもたちに焦点を当てて欲しいとのことだった。

連絡を受けて2ヵ月後の2017年2月、僕はフィリピンの首都マニラに降り立った。それから2週間、昼夜問わずスラム、路上、収容所などを訪れては、この国の片隅で懸命に生きる子どもたちの姿を写真に収め続けた。一体何人の子どもたちに出会っただろう。彼らが置かれた状況とその経緯を知れば知るほどに、暗澹たる気持ちになり、胸の奥が痛んだ。それでも今を生きる他に選択肢がない彼らは寄る辺のない肩を寄せて、今日も社会の犠牲者となって彷徨うしかないのであった。そんな彼らに写真家としてできる事とは何だろう。写真ができることは何だろう。

頭の中でそんなことを反芻しながら、目の前で「今、生きている」子どもたちの姿に一人一人シャッターを切った。

これらの写真が多くの方の心に届き、子どもたちへの支援の一助になることを切に願う。

写真家 吉田 亮人

吉田 亮人 プロフィール

滋賀大学教育学部卒業後、タイで日本語教師として現地の大学に1年間勤務。帰国後に京都市で小学校教員として6年間勤務し退職。2010年より写真家として活動開始。「働くとはなにか」をテーマに国内外を取材し、さまざまな媒体に写真・文章を発表する他、国内の美術館やギャラリーで写真展を開催。また小中学校、大学での講演会や特別授業も行なっている。2013年より教育インタビューサイト「eduview」を共同運営する。2014年度コニカミノルタ フォト・プレミオ年度大賞、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2015ピープル部門最優秀賞他、受賞多数。写真集に『Brick Yard』、『Tannery』、『The Absence of Two』。 www.akihito-yoshida.com

 

会場ボランティア募集中!

●人手の足りていないボランティアシフト:
9月14日(木)10:00-14:00
9月15日(金)14:00-18:00
9月19日(火)10:00-14:00

9月20日(水)10:00-13:00

●お仕事内容:ギャラリーの受付にて来場者に芳名帳をご記入いただくことが主なお仕事です。スタッフも常駐しますので、分からないことがあればお尋ねください。写真展もぜひご覧ください。

●交通費:往復共にご自身でのご負担となります。ご了承ください。

●ご連絡方法:KnKのメールアドレスkodomo@knk.or.jp宛に、件名を「受付ボランティア」とし、お名前お手伝いいただけるシフトの日時(上記からお選びください。)携帯番号(または日中ご連絡可能な連絡先)をお書きください。お手伝いいただける日時を複数挙げていただける方は、ぜひお知らせください。

寄付する
寄付する
資料請求

カテゴリー

月別アーカイブ