スタッフ日記 認定NPO法人国境なき子どもたちブログ

ハビーブ、出張授業をする

みなさんこんにちは!僕はくまのハビーブ。

以前の記事(http://knk.or.jp/jor170905/)でザアタリ難民キャンプに行った様子が紹介されましたが、僕のこと覚えているでしょうか?

僕がKnKの一員となって早4ヵ月。
ヨルダンにも秋がやってきて涼しくもなり、僕もそろそろ冬眠の準備を考える季節になりました。

そういえば先日、アンマン市内の学校に授業をしに行ってきたので、その時の様子を少し話そうと思います。

僕が訪れたのはアンマン郊外、サハーブにあるハウラという名前の学校です。

ここでKnKが火曜日と土曜日に行っている補習授業では、9才から15才までのシリア人、ヨルダン人の男の子と女の子が、自分の学力に合わせた4つのレベルに分かれて、数学、アラビア語、英語の授業とアクティビティを行っています。
そこで僕が授業を行ったのは、英語の授業とアクティビティ!

まずはみんなにあいさつをして・・・

前に出てくれた子と一緒に英語であいさつの練習をしました!

みんな最初は恥ずかしがってたけど、最後は頑張って英語で話してくれて、ハビーブうれしかったな~
ヨルダン、シリアのみんなは英語が苦手な子が多くて、英語の先生から手伝ってほしいと頼まれていたんだけど、僕が来たことで英語を好きになってくれたならうれしいです!

次のアクティビティでは、みんなと一緒に歌も歌いました!
これからもみんなが勉強を好きになってくれるよう、ハビーブも頑張ります!

 

【報告】マリオネットのハビーブ。代筆:シリア難民支援 フィールドオフィサー 牧野アンドレ

寄付する
寄付する
資料請求