スタッフ日記 認定NPO法人国境なき子どもたちブログ

つながりを大切に

こんにちは。シリア難民支援 現地事業総括の松永です。

日本帰国中には、登壇させていただいた際にお会いした皆さまから、たくさんのパワーとアイディアをいただきました。
本当にありがとうございます。

たくさんの方々とつないでいただいた今回の帰国でした。人とのつながりが一番ありがたいものでしたが、実は人とのつながりだけではなく、気持ちや思いもつながって、一緒にヨルダンに持ってこられたものがあります。

2017年6月22日開催 「伝える人になろう講座」

6月22日に登壇させていただいた「伝える人になろう講座」の関係者のみなさまからこのビデオを紹介していただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=70ZEc9RzLUk
マリオネット作家のオレンジパフェさん(ブログ:http://oparfait.exblog.jp)は、熊本の震災被害地の中でも、特に深刻な地域にある幼稚園に、マリオネットの実演と作品を譲渡する活動をなさっています。
先の映像を見せていただいた時、熊本の子どもたちの顔が本当に素敵で生き生きとしていたので、「いいなぁ、シリアの子たちにも、、、」と思わずぽろり、と口をついて言葉がでてきました。
その言葉を拾ってくださり、制作者のオレンジパフェさんとつないでいただきました。

あと3日で出国するというタイミングで、時間を作ってくださったオレンジパフェさん、マリオネットの操作方法もおしえてくださいました。
譲っていただくにあたり、①丁寧に、大事に扱うこと、②子どもたちのためにたくさん活躍の機会を作ること、を約束させていただきました。

移動用のバッグも一緒にいただいて、大事に飛行機を乗り継ぎます。
ヨルダンまでの旅では、手荷物検査の度にバッグから出して、説明しました。中身を見て、仏頂面の係の人たちの顔が緩むのを見ながら、早速このくまさんの魅力を確認しました。
夏休みのアクティビティデビューが、今から楽しみです。

東京から・・・

ヨルダンの首都アンマンに到着!

関連記事:【堀潤氏×KnK対談】シリア難民キャンプでいま必要な支援とは?
関連記事:子どもたちの良き理解者、シリア人女性教師たち
関連記事:ザアタリ難民キャンプ【バハレーン校】イハブ君(7年生)からのメッセージ
関連記事:ザアタリ難民キャンプ【作文担当】マルズーク先生からのメッセージ
関連記事:【緊急募金】シリア難民キャンプの子どもたちに楽しい夏休みを!

【ヨルダン(シリア難民支援)活動概要】

寄付する
寄付する
資料請求