スタッフ日記 認定NPO法人国境なき子どもたちブログ

「いいね!」でバングラデシュの子どもたちを応援!(11/16まで)

こんにちは。バングラデシュ派遣員の渡辺です。11月16日(日)まで、KnKがバングラデシュ
運営しているストリートチルドレンのためのドロップインセンター事業の支援を、株式会社フェリシモ「地球基金プロジェクト」で呼びかけています。

▼詳しくはこちら▼
http://urx.nu/dBTS

事業の助成金を獲得するためには、国境なき子どもたちのプロジェクトへの、より多くの「いいね!」が必要です。皆さまの温かな「いいね!」をお願いいたします!

さて今回は「いいね!」にちなみ、バングラデシュのFacebook事情についてです。
みなさん、バングラデシュ人はパソコン持ってなさそうだし、Facebookなんてやっていないんじゃないの?と思っていませんか。
それが、実は驚くほどバングラデシュでは若者を中心にFacebookが広く浸透しています。

ある統計によると、2014年5月の時点でバングラデシュのFacebook利用者は740万人、そしてそのうち640万人は携帯電話からFacebookへアクセスしているそうです。
そして現在では、バングラデシュ人の携帯電話所有者の半数以上が、
なんとスマートフォンを使っているらしいのです。日本人もびっくり!ですね。

ちなみに日本人の私は、カメラも付いていない基本的な携帯電話をこの4年ほど愛用しています。
シンプル・イズ・ベスト!もちろん、私たちが一緒に活動をしているプロジェクトスタッフもFacebook大好きっ子たちです。

私が個人的に行った統計では、スタッフにおけるFacebookアカウント所有率は89%という結果が
出ています。さすがミーハーなプロジェクトスタッフです。

・・というわけなので、先日、センターのスタッフたちに、フェリシモさん「地球基金プロジェクト」上のドロップインセンター事業説明の写真を見せ、軽く説明しました。

「私たちの事業の助成金をもらうために、たくさんいいね!を集めてるんだよ。
みんなFacebookにログインして、この写真の下の青いとこ押しといてねー」、という
程度だったのですが、このFacebook手法はスタッフにとってとても新鮮だったようです。
みんなに教えるね!と手を振りみんなが帰っていったのが、週末が始まる前日の夕方でした。

そして週末最後の夜、スタッフから電話がかかってきました。
「いまパソコン開けられる?フェリシモさんのいいね!の数、見てみてよ」
覗いてみると、2日前までは「41いいね!」だったのが、なんと「124いいね!」になっていました。

すごーい、いきなり3倍くらいに増えてるねー、と驚くと、なんと彼らは週末を返上して知り合い全員にFacebookメッセージを送り、電話をし、いいね!数獲得にあくせく走り回っていたそうなのです。
「すごいでしょ、頑張ったんだよ。誰も日本語読めないのに」、と。

これは私も頑張らねば!とFacebook上で宣伝をするとともに、今こうしてブログ記事を書いています。

みなさんも、どうぞご協力をよろしくお願いします!

141001_002
======
【「いいね!」でバングラデシュの子どもたちを応援!(11/16まで) 】
http://urx.nu/dBTS株式会社フェリシモ「地球基金プロジェクト」でのあなたの「いいね!」が、バングラデシュで暮らすストリートチルドレンの 支援に繋がります。事業の助成金を獲得するためには、国境なき子どもたちのプロジェクトへの、より多くの「いいね!」が必要です。皆さまのご協力をお願いい たします!★投票方法は簡単★(期間は11/16まで!)
①株式会社フェリシモの「地球基金プロジェクト」ページを訪問する
http://urx.nu/dBTS
②バングラデシュのストリートチルドレンに教育と安らぎを!
(認定NPO法人 国境なき子どもたち)プロジェクトに「いいね!」する皆さまの温かな「いいね!」をお願いいたします!
http://urx.nu/dBTS

 

寄付する
寄付する
資料請求